鉄鋼NEWS        powered by 鉄鋼新聞
「JFE条鋼の第6次中計、鹿島、東部製造所の取り組み」〈中村所長〉=鹿島、形鋼の生産最適化
「日鉄住金物産、新中期計画の狙い」〈樋渡社長〉=「基盤固めから成長戦略へ」
クリーンメタル、薄板シャーを更新
タタの欧州電磁鋼板子会社、近く売却先決定か。ポスコや中国勢有力
関東地区の雑品スクラップ、余剰感強まる。価格は昨年末から2割下落
 中国の輸入規制を背景に、銅スクラップ市場で使用済み雑電線やモーターなどの低品位な雑品・雑線スクラップの余剰感が強まっている。
丸金パイプ、長野の鋼管加工工場に角形鋼管特化型パイプコースター導入
 鋼管販売、各種配管加工を手掛ける丸金パイプ(本社・大阪市西区、社長・比企常隆氏)は、同社の長野事業所・鋼管加工工場(長野県佐久市田口)に角形鋼管特化型のパイプコースターを1基追加導入した。
経産省とインドの鉄鋼対話、来月中旬に初開催
三菱製鋼、フィリピンでもばね生産。世界6極、供給網整う
 三菱製鋼はフィリピン・マニラで自動車サスペンション用ばね及び電子・電気機器用線ばねの生産を開始する、と20日発表した。