鉄鋼NEWS        powered by 鉄鋼新聞
「新18年の分野別鋼材需要動向を探る」〈土木向け〉=大型道路計画進み、鋼管杭中心に堅調
1〜11月の世界鉛・亜鉛需給、亜鉛は48万5000トン不足
 国際鉛・亜鉛研究会(ILZSG)がまとめた1〜11月の鉛・亜鉛地金の世界需給によると、鉛は16万9千トンの供給不足(前年同期は1万5千トンの供給過剰)、亜鉛は48万5千トンの供給不足(同20万6千トンの供給不足)となった。
ニッケル系ステンレス冷薄市況、東名阪で1万円高
ホットコイル輸出価格、600ドル台前半に上昇。原料炭高、じわり反映
 高騰している原料炭スポット市況の影響が鋼材の輸出市場で徐々に反映され始めている。
三菱商事・役員人事、金属グループCEOに田中氏
新日鉄住金、鹿島のコークス炉増設で炉本体が完成。5月に本稼働
 新日鉄住金が鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市)で進めている第2コークス炉E炉団の増設工事でコークス炉の本体が完成した。
中部地区SC材市況、5000円上伸
鋳鍛鋼メーカー、原料・資材高騰で収益圧迫